ダイエットにシルトリンとアミノ酸の関係

ダイエットにもシトルリンは大きく関わりのあるアミノ酸です。


このシトルリンによって、血管内の一酸化窒素の濃度増加が血管拡張作用をもたらします。血流を促進させる作用もあるので、血管の肥厚抑制ということは、血管壁へのコレステロールや中性脂肪の付着を防止することも考えられる効果です。


また、血球の血管壁への接着阻害など様々な効果があるようです。抹消血管にまで効果があるということなので、むくみに効くと言うのも納得ができます。血液の流れを良くするということは代謝を高めることにもつながるので、ダイエットにも効果的だと思います。


このあたりは特に考える余地のないところでしょう。動脈の血行が良くなって発汗作用があるため、それだけでも脂肪を燃焼する手助けになります。燃焼系アミノ酸の、L-カルニチンを同時に摂るとさらに効果的かと思います。必須アミノ酸ではないだけに値段も高く設定しているのでしょうが、薬効を書ける三類医薬品でもないんですね。


当然のことながら保険適応でもないですし、厚生労働省も関与したくないのかもしれません。今のところは副作用らしきものは報告されていないので、服用量の規制もないと思います。もし部分的な効果を望む場合はアルギニンのゼリー状の塗り薬もあります。それを局所的に使うことも有効でしょう。