血管の老化とシトルリンについて

血管の老害は加齢とともに、血管壁がフリーラジカルなどのダメージを受けて、柔軟性を失うと言われています。


また、血管の老化という表現もしますが、これは動脈硬化が進行することを指します。そして老化により弾力を失った血管が、動脈硬化を引き起こすこともあります。


というわけですので、その前にシトルリンの摂取によって動脈硬化のリスクを抑えて血管の狭窄を防ぐことで、血流の改善を図ります。血管が「老化」していく年齢ですが、当然のことながら個人差があり、加齢に比例して血管のしなやかさを失っていくのが当然の節理ともいえますが、更年期のホルモン不足などが影響するのかもしれません。


ですので、動脈硬化のリスクを減らすという意味では、遅くとも女性は50代後半、男性は40代後半といったところでしょうか。もちろん早めに飲んでも健康増進には効果があります。じーさんばーさんの代謝系は若いときとは違うと思うので、肝臓で分解されるシトルリンも少量になり、腎臓でアルギニンが代謝する機能も衰えるはずです。


なので、アミノ酸もちゃんと機能しないということで、老人が悶々となって、ファイト一発というおぞましいものは、想像しなくてもよろしいかと思います。